podcasting Podcasting

ポッドキャストの始め方と、配信前に押さえておきたい 4つのポイント

smnl-howto-start-podcast

ポッドキャスト配信の魅力とは?

ポッドキャストとは

最近よく耳にするPodcast(ポッドキャスト)。話題な一方で、実際のサービス内容がよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

ポッドキャストは、音声配信ができるサービスです。配信者は「Podcaster(ポッドキャスター)」と呼ばれ、配信することを「Podcasting(ポッドキャスティング)」と呼ばれます。Voicy、Stand.fm、SPOONなどの独立型音声サービスと違い、様々なプラットフォームで視聴できるのが特徴です。

配信は誰でも手軽にできる

音声配信を始める場合、コンテンツ作りや配信方法が複雑なのでは?と思いますよね。ところが、ポッドキャストでの配信はとてもシンプル。音声ファイルを収録・編集し、配信を一括で行ってくれるホスティングサービスへアップロードすれば完了です。

アップロードされた音声コンテンツは、ポッドキャストアプリは、以下に自動で配信されます。

  • Apple Podcasts
  • Google Podcasts
  • Spotify
  • WordPressで作成したWEBサイト ※ Anchor.fm の連携機能などを利用した場合

特別な機材や編集技術がなくても、Anchor.fm やRadioTalkのような音声コンテンツ制作専用アプリを使えば、録音・編集・配信まで簡単にできるため、初心者でも始めやすいのです。

    さらに

  • Anchor.fm
  • SoundCloud
  • Blubrry

などを使用すれば、RSSフィードの取得もできるため、リスナーへの更新案内などの機能も簡単に追加することができます。

配信を始める前に、考えるべきこと4つ

 

ポッドキャストで音声コンテンツを配信する時に押さえておきたい4つのポイントをお話します。

1. 発信者の立場からリスナーへ提供できる「価値」

コンテンツ制作をする際に欠かせないのが、リスナーの視点です。

自分が配信したい内容を考えることも大切ですが、同時に「リスナーにどんな価値を提供できるのか」という視点が不可欠です。

  • 番組を通して何を伝えられるのか
  • どんな風にリスナーの役に立てるのか
  • どうやったらリスナーを楽しませることができるのか

これらを明確にすることで、独りよがりではない真に求められる番組作りが可能です。

また、企業やブランドとして配信する場合は、その企業だからこそ提供できるトピックをクリアにすることで、他社と差別化ができ、リスナー数も増えるはずです。

2. 積極果敢なクリエイティブ・ジャンプを!

クリエイティブ・ジャンプ とは、番組の作り手が既存の発想・枠組みにとどまらずに、新しいアイデアで、積極的に新しいクリエイティブに挑戦することです。

ポッドキャストは、配信内容の自由度が高いメディアなので、多少チャレンジングなコンテンツやニッチなジャンルでも配信が可能です。また、そういうジャンルを探しているリスナーも多いので、コアなファンを掴みやすいのです。

だからこそ、リスナーの反応はとてもシビア。「つまらない」と思ったらすぐ離脱してしまうので、常に新しい可能性を探りリスナーを飽きさせないことが大切です。

3. クオリティの高さと継続性のバランス

始めるのは簡単とは言え、クオリティが低い番組にリスナーは付いてくれません。リスナーを増やすには、次のポイントが重要です。

  • 分かりやすい番組構成
  • ストーリーテリング
  • 個性が伝わる世界観の作り込み
  • コンテンツ内容の充実

さらに、長時間聴いても苦にならない音質にこだわることも、番組の質に直結します。

  • ノイズの少ないマイク・ミキサー
  • DAWソフトでの編集
  • 番組・コンセプトに見合ったパーソナリティやBGM

一方で、品質にこだわりすぎるあまり、作業負荷が膨大になってしまうと、継続したコンテンツ作りが難しくなります。

まずは続けることを目標に、ある程度のクオリティをキープする最低限のルールを決めたら、あとは続けながらブラッシュアップしていくのも一つの方法です。

4. 番組のマーケティングは長い目で考える!

音声コンテンツ配信は、番組をどのように聴いてもらうのか、長期的な視点でプランニングすることが大切です。

人気が出そうな企画を思い立って、番組をスタートさせた時は気分が高揚するものです。しかし、もともと別のメディアでファンを持っているなどの事情がなければ、すぐに人気が出ることは難しいかもしれません。

最初は「誰も聞いてくれないだろう」という心持ちでスタートし、最低限の品質ルールを守りながらコツコツと配信を続けていくことをおすすめします。

  • 誰に聴いてもらいたいのか
  • どうして聴いてもらいたいのか
  • どんなシーンでこの番組と出会ってほしいのか

これらを具体的に想像し、次の点を意識しながら、コンテンツ制作を行うとよいでしょう。

  • 思わず聴きたくなるエピソード名
  • 番組の魅力を伝える紹介文づくり
  • 積極的なSNS活用
  • 知人・コミュニティでの紹介

また、リスナーが付いてきたら、リスナーとのエンゲージメントを深めることもより良い番組作りには不可欠です。

コンテンツをマネタイズしたいと考える人は多いでしょうが、マネタイズで直接収益を得ることを考えるのは、リスナーが付いた更にその先です。

まずは1日に1000人のリスナー獲得を目指し、1日1万人以上のリスナーが付く番組に成長すれば、スポンサー獲得も視野に入れられるでしょう。

PROPO.FMができること

ポッドキャストでの配信自体はシンプルですが、実際に聴いてもらえる番組に成長させるのはハードルが高いと感じる人も多いのではないでしょうか。

PROPO.FMなら、番組製作において必要不可欠な要素を、音声コンテンツ制作のプロフェッショナルと一緒に組み立てていくことができます。

  • 番組内容の企画
  • リスナーの心を掴む番組構成の立案
  • 配信面の丁寧なディレクション
  • 脚本の制作
  • 高音質での収録、編集
  • リスナーに届けるための枠組みづくり

など、番組の企画、配信、運用まで一連の活動をフルサポートします。

PROPO.FM サービスについての詳細はこちら

ブルーオーシャンのうちにポッドキャストを始めよう

海外と比べるとまだ配信者もユーザーも少ない日本のポッドキャスト市場。 しかし、最近ではコロナウイルスの影響でおうち時間が増え、音声コンテンツの価値が見直され始めてきました。

実際、VoicyやClubhouseなど、音声中心のSNSの人気は右肩上がり。今後も音声コンテンツの利用者は増えると期待されており、企業の注目度も高まっています。

ポッドキャストがブルーオーシャンのうちに、音声コンテンツの配信を始めてみてはいかがでしょうか。

Related

関連する記事

レコーディングと編集の
基礎知識

カテゴリから記事を探す

New

最新の記事

Recommend

おすすめ記事